Photo by Rahil Ahmad

ロンドンのストラトフォードに位置するオリンピック・パーク。そこに現代で唯一残された珍しい水門があります。そのすぐ側に建つNewton’s Cottageはかつて水門の門番が住居とした家の骨組みです。イギリスには無数の運河があり、メインの交通網として使われていました。太くて丈夫なロープで馬が舟を引く。門番が水門を上げ、生活物資や戦争に使われる武器などを積んだ舟が進む。歴史が深いにも関わらず、現在は使われる機会が激減し、放置される箇所が増えました。広場として使われているこのコテージで、「どう訪問者にその物語を伝えるか。」をテーマに体感型イベントを開催しました。

 

The Queen Elizabeth Olympic Park is situated in Stratford, east London. Within the park sits Newton's Cottage, a structure built to commemorate the former lock keeper’s cottage. It sits on a canal, between a pair of gates known as ‘locks’. There are many canals in the UK. These were used as a primary mode of transportation form the industrial revolution onwards. Horses were used to tow the boats along the canals, and lock keepers were responsible for working the locks. Canal boats carried many different types of cargo, including coal, fuel, weapons and other resources. Despite their success as a means of transportation, canals were gradually abandoned as road and rail travel became more efficient. Our project took place within Newton’s Cottage as an interactive public event. Our brief was how best to tell the story of the canals to park visitors.

Clients

Canal and River trust

London Legacy Development Corporation

Moira Lascelles | Curator

 

Project members

Arif Wahid | Interior Architecture

Hannah Rogers | Landscape design

Nele Vos | Design strategy, Graphic design

Pei-Hsin Chen | Exhibition design

CREATIVE "GARDEN", Takayuki Ishii  |

Community engagement,

Communication design

Yaqi Zhang | Digital entertainment design

 

Collaborators

Des Pawson | Rope maker

Liz Pawson | Rope maker

 

Photographer

Rahil Ahmad

HUMAN ANIMAL

MACHINE

#Project

#Graphic design

#Event organise

#Storytelling

#Installation

#Art direction

Lock is the key.

 

BACKGROUND

DESIGN

 

様々なロープメイキングを体験することで、それがどのような職人技能なのかを理解する。

 

歴史を紡ぐ中で、職人技能は重要な資質の一つです。コテージを建てる職人、水門を操作する職人、馬を引く職人、舟を作る職人、舟に絵を描く職人、そしてロープを作る職人。その中でも、ロープは現代においてもその作り方や用途は変わることなく、運河の歴史においてキーツールです。

Participants can figure out what craftsmanship is by making a rope with experts.

 

There are many sorts of experts in canal life, whether cottage builder, lock keeper, boat horse driver, boat builder, boat painter or rope maker. Rope plays a major role in all of these and is an accessible medium for our event.

プメキンワー

ROPE MAKING WORKSHOP

 

ロープメイキングで作ったロープを等身大ホースにデコレーションする。そうすることにより、馬とロープの関係性を体感する。

 

このイベントの名前でもあるHUMAN ANIMAL MACHINEは人(引き手)と馬が舟を引く事により機械化する、力を発揮する、というコンセプトに由来するものです。馬力というように馬はエンジンそのものでした。またMACHINEというように、ワイヤーメッシュで馬を再現しました。

The participants decorate a big horse with ropes they have made. It makes them interpret how the horse relates to the rope. We talked to audiences and we had an information board about canal history beside the horse.

 

HUMAN ANIMAL MACHINE referred to the concept that when people are with horses towing a boat by a rope, they become a powerful machine. The horse is the engine. We made our horse from wire mesh because it is a MACHINE.

巨大ンスショ

INSTALLATION

 

ボートペインティングは大事な職人技能の一つ。

 

職人技を伝える事もこのイベントの目的の一つでした。運河にまつわるイベントだということを伝えるためにも、ボートに施されるペイントを参考に、このようなデザインをしました。イベント名であるHUMAN ANIMAL MACHINEはキャッチコピーとしてインパクトを発揮しました。

Boat painting is a key factor in canal history. We needed to mention that in the event too because it is integral to the identity of each boat: boat paint design stood out. Visitors to the park could recognise it was about the canal. The event title also worked very well to attract attention.

ュアアイティテ

VISUAL IDENTITY

 

何かが起こるような、馬と人とマシーンという一見、見慣れない並びはそのインパクトを生みました。これを前にした多くの人は好奇心からイベント名を復唱していました。また、足を止める人も多く見受けられました。フライヤーはボートの形にカットでき、子どもに対する好奇心を煽りました。

This title and visual gave a big impact to visitors. Some of them stopped walking at the front of the signage and gave it a second glance. The title proved to be highly effective. The flyer is able to cut off to a boat shape. The design especially attracted kids.

河ボートリーフレ

LEAFLET DESIGN

INSIGHT

普段遊び場であるこのコテージで、訪れる子どもたちが大きな馬とコテージ、ロープというインパクトの断片を記憶に留めてくれたら、将来歴史を手繰るキッカケになるのではないかと企画しました。しかし、大人の参加者に対してのコミュニケーションは改善の余地があります。さらに歴史を深く知るワークショップやツアーなどが付随して考えられます。そこで得た知識を、子供に絵本を読み聞かせるように語り継いでいくと、より一層このイベントの効果が現れると考えます。

The aim of this event was to give a huge impact to kids. In future, they may be able to reclaim a big horse, rope and cottage from fragments of their memory. It could be a starting point for them to look into the history of the canals. If we had done a pre-event for adults to understand the story of the canals, they might have had a better connection and considered the history more deeply.

TAKAYUKI ISHII

 

Graphic Design And

Community Engagement

COPYRIGHT © 2018 TAKAYUKI ISHII.  ALL RIGHTS RESERVED.